そろそろあの季節が来ました。

f:id:budnickmute:20201218021425j:plain


今日はダフィーカイロです。

 

 

ようやく確定申告の書類が完成しました。疲れた。

 

コロナの感染が急激に拡大しよが何だろうが、申告期日は変わらず。

 

最初、e-taxで申告しようかと思いましたが、事前準備段階がひじょーに面倒くさい。

ちょっとサイトを覗いて、止めました。

 

これなら手書き申告の方が遥かにマシです。

 

今回から65万円青色控除を受けるためにはe-taxで申告するか、手書きの場合は電子帳簿の承認申請をしなければいけません。

 

ところが、この電子帳簿として認められる会計ソフトのリストが以前発表されたのですが、その中に私が普段使用しているソフトが含まれていませんでした。

 

従って今回はいつも通りの申告で55万円控除ですね。税率が変わるか変わらないかのボーダーラインの場合は悩みますが、今回は10万円の上下幅で税率変わらない組だったのでお構いなし。

 

 

次年度からは会計ソフトを入れ替えて、マイナンバーカード取得して、e-taxに挑戦してみるか。

 

個人的には、個人情報の電子化ってセキュリティーの面で信用してないので、あまりやりたくないのですが。時代ですからね、しかたない。

 

それと、確定申告の時期が過ぎると次は花粉症の時期がきますね~。

 

今年は新型コロナ騒動のおかけで迂闊にくしゃみができません。特に気をつけねば。

花粉症持ちの人にはつらい時期になりますが、頑張りましょう。

 

 

謹賀新年2021

明けましておめでとうございます。

 

2021年ですね。

 

今年こそは良い年でありますように。

 

 

毎年、元旦はスキーに行ったりしてましたが、今回は諸事情によりお休みです。

 

という訳で、元旦はジョギングがてら近場の諏訪神社に初詣でに行ってきました。

 

f:id:budnickmute:20210104132743j:plain


結構ならんでるな~と思いましたが、待ち時間10分くらいでお参りできました。

f:id:budnickmute:20210104132924j:plain

 

お参りの後は、そこら辺の広場で小人ウォークでトレーニング。

ランジ姿勢のボトムポジションで歩くという運動です。特に後ろ向きがキツイ。

 

そんなことをやっていたら暑くて半そでTシャツになってました。

夕方で日も沈みかけている中、一人だけ浮いていたなあ。

 

しかし運動で腹をすかせた後の餅はうまし。

その後は店で確定申告のための会計の整理をして終わりました。

 

そんなこんなで、元旦でもやってることは普段と変わらないですね。

 

では、皆さん今年も宜しくお願いします。

 

 

整体界隈の肉食系男子女子

f:id:budnickmute:20201011134125j:plain

 

定期的にセクハラ整体師逮捕のニュースが流れます。最近では渋谷のマッサージ店のイケメン店長が捕まったという話がありました。

 

整体院で「セクハラ」ってなると、施術者が利用者に何かする、という流れを想像します。

 

でも世の中、利用者が施術者にアプローチするっていうのも実はあります。

 

今回は私が職場で見聞きした、異性及び同姓に対する、いわゆる肉食系な男女の小話です。

 

 女性利用客①

私が勤めていた施術院には、普段は絵描きをしている非常勤の男性施術者がいました。そしてかなりのイケメンです。

当然女性客には人気があり、その人目当てで来る人もいました。

 

そこの施術院は首のポキっていう矯正がデフォルトで行われるところでした。通常ですと仰向けで寝ている時は、大抵のクライアント様は目をつむっています。

 

ですが、そのイケメン施術者が首の矯正を行おうとすると、皆さん目を見開いているのです。

 

ある時、受付でそのクライアント様と雑談中にそのことを何となく尋ねてみると

 

「首の矯正の時は顔が近くなるから、見ていたい」

 

だそうです。

 

傍から見ていて、あんなにガン見されていたら施術する方もやりずらいだろうな~と思いました(笑)

 

 

女性利用客②

 当時、在籍していた施術院はグループで何店舗もあったので、よくあっちこっちに行かされました。別の店舗に居た時の話です。

 

 その店舗は路面に面しており、看板をデーンと立てていました。看板の絵柄は利用者がベットにうつ伏せに寝て施術者がそれをほぐしているとういたって普通のものでした。しかし、あまり反響がありません。

 

そこで、他の店舗のイケメン店長が施術している写真に切り替えました。その先生は、昭和の俳優のようないわゆるソース顔ハンサムで、女性から人気があったのです。

 

するとポチポチとご新規さんが来るではないですか。

 

で、帰り際に「看板の先生はいないんですか?」と聞かれるんですね。

他店から写真を借りて載せただけで、本人がそこで働いている訳ではないですからね~。

 

「最近ちょっとお休みで…」とかお茶を濁してましたけど。まあ、そういう人は続けて来ることはあまりないんでね。

 

顔面パワーの偉大さを思い知ったのでした。

 

 

男性利用客①

とあるオフィス街の整骨院グループで働いていた時のことです。整骨院なんで予約制でなく来た人順です。待合には人がズラッと待っている訳です。

 

ある時、かっぶくの良い60代とおぼしき男性の2人連れでご新規さんがいらっしゃいました。その方たちが入り口で入ってくるなり

 

「女性スタッフにマッサージ頼みたいんだけど」

 

といきなり言い出したのです。

 

力加減が強いのが好みで男性スタッフを希望される方というのはたまにいらっしゃいますが、特別な理由もなく男性利用者が女性スタッフを指名してくることは初めてです。

 

店長がやんわりとお断りすると、「あ、そう」って感じで帰って行かれました。

 

整骨院のマッサージなんてたかだか5分から10分がせいぜいです。そんな短時間のマッサージで女性スタッフに何を求めているのか分かりかねます。

 

整骨院なので中は筒抜けで、今のやり取りはその場にいた人達みなに聞かれてしまいました。

 

私のそばにいた女性患者さんのコメント。「風俗マッサージと勘違いしてるんじゃない?」

 

その方と顔を見合わせ苦笑いしていまいました。

 さすがに間違うとは思えませんが。

 

男性利用客②

今までの話は肉食系の人たちでもライトな話でしたが、これからはホンマモンの変態さんのお話です。

 

それは私がその施術院に入社する以前に起こったことなので、実際見たわけではないのですが、他のスタッフから聞いたものです。

 

整骨院なので予約制ではなく、来た人順で施術に入っていきます。そこはスタッフは男性も女性もいるところで、特別な理由もなければ順番あたっていきます。

 

その人は男性施術者が当番になるといたって普通で特に問題ありませんでした。

 

しかし、女性施術者が当番になると、仰向けで首のマッサージを受けている時、股間を膨らませるらしいのです。どうやら、そうして女性施術者の反応を見て喜んでいるようでした。

 

ただそれで何か手を出してくるとか、口説いてくるとか、別になかったので、放っておけ!って感じで対処していたそうです。

 

ところがある日、女性スタッフがその人を仰向けにして首のマッサージをしていると、例のごとく股間を膨らましていましたが、ついに発射してしまったそうです…

 

いや~、首のマッサージでそんな興奮することある?

 

いろんな性癖がありますね。当然、その人、出禁になったみたいですけど。

 

その時の女性スタッフもショックで辞めていったそうです。

 

 

男性利用客③

これも人から聞いた話で、実際目にした訳ではないんですが。

 

整体でセクハラっていうと男性から女性へちょっかい出すって思われがちですが、男性から男性へってのもあります。

 

その中年男性利用客は女性スタッフが施術に入ると何も問題を起こしません。

 

しかし、自分のお気に入りの男性スタッフが施術に入る時に病気が発生します。

 

うつ伏せで寝ているて腰のマッサージを受けているとします。施術者は受け手の腰の位置に正対していることがほとんどです。そこで、その患者さんは体側に添えていた腕をおもむろに横に出してきて、わざと術者の股間に手が当たるように仕向けて来るらしいのです。

 

ささっと術者は腰の向きを変えたりしてやり過ごすのですが、しばらくするとまたちょっかいを出してくるっていうのを繰り返すのです。

 

初めの内は術者も何のことかよく分からないのですが、その内そういう人間かといのが分かってくるので、その後は女性スタッフ対応オンリーになりました。そうこうすると来なくなりました。

 

安上がりの風俗だと思ってたようですね…。

 

 

 

最後に

これらの話の舞台は、複数スタッフがいる施術院での出来事です。

 

個人で営業している施術院で、いわゆる変な人がこられると面倒くさい。人の業は深いですからね。

 

どんなトラブルにも対応できるように日ごろから心がけておく必要があるなと、記事を作りながら思いました。

 

では、今回はこの辺で。

 

CHIBI

前回からの続きです。

 

dubstep danceで気になってたダンサー

Bryan Gaynor(ブライアン・ゲイナー)

について。

 


CHIBI | LOVE ON FIRST SINE | DUBSTEP

 

CHIBIは彼の通称で、日本のアニメか漫画で見た、小さい人を指す言葉「チビ」から採ったそうです。

 

背が低いのには訳があり、彼は「クリッペル・ファイル症候群」という先天性の病気を患っているのでした。

 

クリッペル・ファイル症候群は首の骨が2つ以上がくっついてしまい、背骨が側弯症を併発する病気です。そのほか内臓疾患を患うこともあります。

 

ブライアンさんは、この病気のため首や脊柱が上手く動かせず、肩も動きが制限されています。

 

実際の背中の映像がこちらで見られます。

 


Bryan Gaynor Interview

 

そんなハンデを負っていても、最初の動画のような凄いダンスをします。

バイタリティーに感服しますね。

 

前回ご紹介したマーキーズさんとダンスバトルとかしてます。

 


Bryan 'Chibi' Gaynor vs. Marquese 'Nonstop' Scott

 

最近、自分を振り返ってみると腑抜けてきてるな~と思うことが多々あるので、少しは見習って、ちょっとづつ頑張ろって思いました(笑)

 

では。

 

dubstep dance

今日は、ダフィーカイロです。

 

ダンスにも色々ありますが、最近はまっているダンスがあります。

 

といっても、私は見るだけですけど。

 

それがこちら。

 


HIGHER | DUBSTEP

 

たまたまYouTube見てたらお勧めで出てきたので、何気なく見てみたら衝撃を受けてしまいました。

 

まるで水に漂っているような浮遊感や、クレイアニメーション(粘土人形のアニメ)のようなカクカクした動きなど、見ている者を非現実的な感覚にさせる踊りに心を奪われたのでした。

 

マジで最初、画像を編集しているだろうと思ってました。

 

よくよく調べてみると、この動画のダンサーのMarquese Scott(マーキーズ・スコット)さんは、PoppinやAnimationといったダンスをベースにしてdubstepというダンスミュージックで踊るdubstep danceの第一人者ということが分かりました。

 

ホント何回見ても、関節、如何うごかしているのだろう?って見入っちゃいますよね~。

 

最近のお気に入りがこちら。

 


TIME CONTROL | DUBSTEP

 

これまたdubstep dance の代表者の1人 POPPIN' JOHNさんとのコラボ。

 

 

こちらはマーキーズさんが組んでるダンスユニット

 


REMOTEKONTROL | THE REUNION

 

青空バックで金ぴか衣装がすごく映える。非現実感が強くなります。見飽きない。

 

 

この真ん中の人、すごく気になったので次回そのことについて載せます。

 

では。

 

やらかしちまった。

f:id:budnickmute:20200818141401j:plain

 

 

長い梅雨が明けたと思ったら、やけくそ猛暑!

 

皆さん夏バテしていませんか?

 

そんな暑いお盆時期、またやってしまいました。

 

何年かに1度、いつもでっかいケガをするのですが、

今回もやってしまいました。

 

アグレッシブインラインスケートで。

 

ハンドレール(手すり)にスケート靴で飛び乗って、

グラインド(滑る)というのがあるのですが、

 

あえなくレールが太ももに直撃して悶絶してしまいました。

 

この手の失敗はしょっちゅうあるのですが、

今回のは過去一で痛かったです。

 

本当はお盆期間中も営業するつもりでしたが、

 

足に体重掛けられなくなり、

オマケにぎっくり腰にもなったので、

 

残念ながらお盆は通しで全休にさせていただきました。

 

急に予約を変更していただいた

クライアント様にご迷惑おかけしました。

 

申し訳ありませんでしたm(__)mスンマセーーーーーーーン

 

ただ一つ救いだったのは、

自分の体を通して、腰痛の改善法を色々模索できたことです。

 

新たな気付きを得られたので、

新たにクライアント様に還元していけたらと思います。

 

現在はすでに営業再開してますので、

引き続きよろしくお願いします。